輸入ブランド品専門のショッピングモールluxurizm.com/FX CFAフラン/円 比較

FX CFAフラン/円 比較

数あるサイトの中から当サイトにお越しいただきまことにありがとうございます。

輸入ブランド品専門のショッピングモールluxurizm.com<FX CFAフラン/円 比較

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

CFAフラン(セーファーフラン、仏 Franc CFA)は、西アフリカ、中部アフリカ地域の旧フランス植民地を中心とする多くの国で用いられる共同通貨。西アフリカ諸国中央銀行 (Banque Centrale des Etats de l'Afrique de l'Ouest、BCEAO) 発行のもの(ISO 4217コードXOF)、中部アフリカ諸国銀行 (Banque des Etats de l'Afrique Centrale、BEAC) 発行のもの(同XAF)の2種類がある。両者は通貨としての価値は同一であるが、相互に流通することはできない。

1958年から1フランス・フラン=50CFAフランの固定レートであったが、1994年には構造調整計画の一環として、1フランス・フラン=100CFAフランに切り下げられた。現在は基軸通貨をユーロとしており、1ユーロ=655.957CFAフランである。

CFAは植民地時代には"Colonies francaises d'Afrique"(アフリカのフランス植民地)の略であったが、現在では西アフリカでは"Communaute financiere africaine"(アフリカ金融共同体)、中部アフリカでは"Cooperation financiere en afrique centrale"(中部アフリカ金融協力体)の略とされている。CFAは通常、フランス語読みで『セーファー』 と発音される。

なお、コモロのコモロ・フランも対フランス・フラン固定レートであったためCFAフランに含めることがある。

西アフリカの一部の国では、日常的にはデレムという通貨単位が用いられることが多い。1デレムは5CFAフランに相当する。

円(えん、Yen)は、日本の通貨単位。 旧字で書くと圓。同じく圓と表記しうる中国の元、台湾ドル、香港ドル、そして南北朝鮮のウォンと区別するため特に日本円と呼ばれることがある

現在の日本の通貨単位である円(えん)は、明治4年5月10日(1871年6月27日)に制定された新貨条例で定められたものである。当時の表記は「圓」であった。通貨記号は\(円記号)が使用され、ISO 4217の通貨コードではJPYと表記される。ローマ字ではYenと表記する。

「円(圓)」という単位名は中国に由来する。中国では、銀は鋳造せずに塊で貨幣として扱われたが、18世紀頃からスペインと、それ以上にその植民地であったメキシコから銀の鋳造貨幣が流入した(洋銀)。これらはその形から、「銀円」と呼ばれた。後にイギリス香港造幣局は「香港壱圓」と刻印したドル銀貨を発行したのはこの流れからである。「銀円」は、その名と共に日本にも流入し、日本もこれを真似て通貨単位を「円」と改めた。1830年、日本は、香港ドル銀貨と同品位・同量の銀貨を本位貨幣とする銀本位制度に移った。明治政府が貨幣の形状から「円」と名付けたとする説は、俗説である[1]。

ローマ字表記が「en」ではなく「yen」である理由は幾つか想定されるが、最大の理由は、幕末から明治にかけての英米国人が「yen」と綴り、それが国際化したためと考えられる。史上初の本格的な英和・和英辞典であるヘボンの『和英語林集成』(初版1867年)では、「円」以外にも、「エ」「ヱ(we)」で始まる単語は全て「ye」と綴られている。これは先行する W.H.メドハーストの『英和和英語彙』(1830年)に倣ったものである(メドハーストは日本を訪れたことがなく、ジャカルタ(バタヴィア)を訪れた日本人から聞き取りをした。彼ら日本人の一部は、当時としても古い[je]音が残る地方から来たものと思われる。この語彙集には「e」と「ye」が混在し、冒頭の仮名一覧には「エ・え」に「e」「ye」の両方が当てられている)。しかしヘボンは、日本語の「エ」がごく一部地域を除いて、[je]ではなく[e]と発音されていたことを知っていたから、ヘボン式ローマ字が確立した第三版(1886年版)に至って、「円」と格助詞の「へ」以外、「エ」は全て「e」に改めた[2]。この時点で、すでに「円」は「yen」として定着していたと考えられる。その理由として、西洋語では「yen」の方が、他の単語と混同しにくいことが挙げられよう(仏語の前置詞 en など)。綴りに引かれて、外国では「イェン」[j?n]といった具合に「y」を発音する場合が多い。なお、歴史的仮名遣いは「ゑん(wen)」である。([je]から[e]への移行時期については、日本語の項の音韻史、または「ゑ」の項を参照されたい)

補助単位としては、

銭 - 1円の100分の1(1円=100銭) 厘 - 1円の1000分の1、1銭の10分の1(1円=1000厘、1銭=10厘) が規定されるが、銭および厘単位の補助貨幣および小額政府紙幣は1953年末に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律によって小額通貨が整理された際に使用・流通禁止処分が取られており、今日では為替や株式の取引、少額物品の単価見積で単位としての銭が便宜的に使用されるにすぎない。

なお、円にはいくつか種類があり、第二次世界大戦終戦までは内地で流通した日本円の他、外地通貨である台湾円(台湾で流通)や朝鮮円(朝鮮及び関東州で流通)も存在した(南洋群島は例外的に日本円が流通)。

また、中国の通貨単位である「元」の正式名称は「(=圓・円)」である。かつて「"圓"の画数が多い」という理由で、その代わりに同音(yuan)の「元」が当てられ、今日に至る。韓国・北朝鮮の「ウォン」も「圓(=円)」の朝鮮語読みである。台湾のニュー台湾ドルや香港の香港ドルも、国内での名称は「元」ないし「圓」である。すなわち、これら東アジアの諸通貨は、みな本質的には「圓」という名称を共有しているといえる。なお中国語では日本円を「日圓」「日元」、米ドルを「美元」、ユーロを「欧元」というように、国・地域名を冠してそこで用いられる通貨を指す用法も派生した。

FX カナダドル/円 比較